折り畳みカートンのための100%出荷品質管理ニュース&イベント:最新の印刷検査ニュース&トレンド - EyeC

折り畳みカートンのための100%出荷品質管理

Pfedelbachに拠点を置くDruckerei Bauer GmbHは、EyeC ProofRunner Carton Retrofitを使用して印刷検査を行い、その顧客の印刷物の100%の保証することができるようになった独国の最初の折り畳みカートン印刷業者です。

Pfedelbachに拠点を置く印刷業者 Druckerei Bauer GmbH は、もっとも最先端の印刷企業です。当社は30年以上にわたり、高品質な折り畳みカートンの製造に特化してきました。この分野の技術リーダーとして、Bauer社は約4億枚の折り畳みカートンの生産能力を持ち、約90名のスタッフを雇用しています。バウアーの顧客は様々な業界から来ています。特に、医薬品とヘルスケア業界から注目されています。

印刷会社は、すべての製造工程の完全な監視と管理を維持することによって、顧客に100パーセントの品質を提供することが可能であると主張しています。第3世代のマネージングディレクターを務めるMatthias Bauer氏は、自社の主な価値を次のように説明しています。"競合他社に対する付加価値の戦略として、」品質を理解しています。我々の目標は、生産全体に完全で一貫した品質を保証することです。」

既存の装置を交換することなく、100%の品質管理

最近まで、Bauer社はAQLサンプリングを使用して検査を実施しました。検査は印刷機で行われましたが、プロセス関連の問題が繰り返し発生しました。したがって、次の工程では、安全性と品質保証のレベルを上げるために、完全な切断プロセスを保証し、すべての単一の製品を顧客に出荷する前にチェックすることでした。目標は、既存の、まだ非常に新しいフォルダグルアの交換を避ける統合された解決策を見つけることでした。

Bauer社は、ハンブルクのEyeC社と協力してこの課題に直面することにしました。 EyeC ProofRunner Carton Retrofit を使用して、EyeC社はマシンメーカーのKohmannと協力して、既存のフォルダグルーサーに統合できるインライン検査システムを開発しました。

製品の100%をチェックし、通常はPDFファイルである承認されたプルーフと比較します。フォルダグルアの既存の排出機構を使用して不良品を取り除くことができ、完全な検査レポートを提供することができます。 Bauer社は2012年のDrupaで、EyeC社に最初に気付きました。2014年7月にBauer社は、点字検査機能つきのオフラインシステムである EyeC Proofiler を購入しました。包括的なサービスと迅速かつ簡単なコラボレーションのシステムの機能性により、Bauer社は別のEyeCシステムをインストールすることができました。
 "EyeC Proofilerをインストールした後、私たちは会社の革新性、近代性、創造性を確信しました。次のプロジェクトである折りたたみカートン検査では、私たちが信頼しているEyeC社のサポートを再び得たいと思いました」。

100%の顧客満足と新しいビジネスを獲得するための完璧な提案

EyeC ProofRunner Carton Retrofitは、フォルダグルアのフィーダとプレフィーダー部分の中間に組み込まれ、既存装置の全長にわずか800 mm(31.49 ")しか追加しません。システムは、追加の工程および余分なスペースをほとんど必要としません。オペレーターによって必要案新しいジョブ設定はわずか3〜4分で終了します。システムは装置または生産速度を遅くすることはありません。さらに、システムの簡単で直感的な操作が重要な利点となります。この検査装置は、オペレータに即座に受け入れられました。

EyeC ProofRunner Cartonでは、これまでに2,000万個の折り畳みカートンが検査されています。破れたり、色の汚れやその他の工程に関連する汚れが含まれていた欠陥品は、自動的に検出され、非常に正確に分類されます。その結果、品質要件が満たされ、顧客からのリコールを回避することができます。"現時点では、年間3600件の注文を受けています。我々は、新しいシステムのために新規受注が増加することを願っています」とMatthias Bauerは述べています。

nach oben

お問い合わせ情報のリクエスト

nach oben

このページをシェアまたは印刷

以下のサービスを選択してください:

言語を選択してください: