デジタルプリプレス工程における将来性のある 品質管理参照 - EyeC

デジタルプリプレス工程における将来性のある 品質管理

デジタルプリプレス工程における将来性のある 品質管理

世界的なパッケージメーカーのAll4Labels社では、効率の向上と同時に高品質のラベルの製造を最優先事項としています。EyeC社と共同で、2018年にプリプレス検査がそのワークフローに統合されました。それにより、現地の製造工程は最適化され、信頼性が高まりました。

この3年間で、All4Labels社のトリッタゥ(ドイツ)事業所は、世界最大の粘着ラベル用デジタル印刷センターに発展しました。大量注文やデジタル印刷・印刷フォーマットの頻繁な変更の必要性から、All4Labels社にとって生産プロセスの最適化が最優先事項となりました。 2016年に、EyeC社はトリッタゥの拠点に医薬品ラベルの自動印刷サンプル検査のソリューションを提供しました。EyeC Proofiler 600DTは、自動化プロセスの枠組みに適合し、それと並行して、Esko社のワークフローシステムの導入が開始されました。生産工程の自動化が成功した後、2018年初頭にEyeC Workflow Integrationを使用してプリプレス工程も既存のワークフローに組み込まれました。

Esko社製ワークフローでの自動受信データチェック

近年、医薬品向けの印刷製品を中心としたすべての産業分野に普及している各要件が、生産チェーン全体にも広がりつつあります。プリプレスの工程はこれまでのところこれらの要件からはほとんど除外されていますが、標準化されていない顧客データを扱う場合、潜在的なエラーを排除するために検査 の最適化が推奨されていました。ワークフロー統合の前は、All4Labels社では受信データの検査がほぼ手動で行われていましたが、ソフトプルーフを使 用することで、印刷前のプリプレス段階で顧客データが標準化され、顧客によって承認されました。 ここでの課題はまさに、事前の承認プロセスなしで 印刷データを扱っていたことにありました。デザイン要素の移動や欠落などの改変リスクに加えて、手動による検査も時間と労力を要していました。せ っかく自動化されていた生産工程も、プレス前の手動検査によって減速していました。EyeC Proofiler Graphicによるテキスト、グラフィック、および1D・2Dコードの自動検査は、生産性の向上に加えて、受信データ管理でのさらなる信頼性を今日提供しています。

アートワーク検査の設定はEyeC社と密接に協力して行われたので、今日自動検査はほとんどすべての仕事にわたって可能となっています。対照的に、例えば医薬品ラベルには必須であるような、非常に高い顧客要件を有する印刷データの検査は異なった検査パラメータで実行されます。それぞれの顧客番号 に基づいて、検査要件が自動的に選択されるため、新たな手動の手順なく、顧客の要求に応じて検査がワークフロー内で実行されます。今日では、正しく設定された検査プロファイルによって、納入されたすべての印刷ジョブに一貫した品質が保証され、プリプレスおよび印刷の工程全体を通じて印刷ジョブの準備および実行におけるこれまで以上の安全性を責任者たちに提供しています。「私たちは他でもなくEyeC社に決めました。なぜなら、当初から、システムが私たちに何を提供できるのかが明らかにされていたからです。EyeC社と一緒に、私たち特有の必要条件を満たすための検査のさまざまな設定可能性を私たちは構成しました。さらに、私たちが近い将来に利益を得るであろう点字検査のような利用可能な追加の選択肢もあります。

二次元コードの全自動検査

さらに、ふたつの主要顧客からAll4Labels社のトリッタゥ事業所に送られてくる面付済みファイルが、EyeC Workflow Integrationの助けを借りて自動的に検査されています。つまり、EyeCProofiler Graphicが2Dコードの検査に使用されています。顧客によって提供されたQRコードは、まず最初に担当営業を通してMIS(経営情報システム)に入力され、 印刷ジョブが作成されると、Proofiler Graphicはプリプレス工程でコードと保存データを自動的に照合します。可読性のチェックに加えて、システムは、品番などのコードに含まれる情報を検査して、さまざまなデータの混入を排除します。

自動検査の今後の課題

パーソナライズされた医薬品向け印刷製品のプリプレス検査にはまだまだ課題があります。ワークフローで必要な評価は時間とリソースの両方を消費するため、運用プロセスの適応と検査パラメータの適切な設定が必要です。「特に製薬業界では、バリアブルデータを使用したデジタル印刷に大きな可能性があると私たちは考えているため、すでにワークフローの中で閉ループシステムを構築しています。将来的には、顧客から提供された複数ページのPDFが印刷機に直接読み込まれ、自動的に検査されます。印刷の欠陥は自動的に検出され、マーキングまたは再印刷が直接開始されます。さらに、最終レポートには、不良ラベルの自動交換に関するすべての情報が含まれており、顧客への証拠として役立つでしょう。EyeC社のソリューションにより、私たちはすでに将来の課題に備えています。」All4Labels社のMichel Koch氏はこのように締めくくっています。

All4Labels - Global Packaging Group

世界有数の粘着ラベルメーカーであり、デジタル印刷ソリューションのグローバルマーケットリーダーとして、Global PackagingグループのAll4Labels社は、単一のソースから革新的で業界に特化したソリューションを作り出し、あらゆる業界の地元企業および多国籍企業をサポートしています。 彼らの主な製品構成は、軟包装製品、シュリンク、折りたたみカートン、そしてもちろんセキュリティ関連製品です。世界中の29の場所に3,000人以上の従業員を持つこの所有者管理の会社グループは、成長地域と顧客の市場において、その力強い現地事業とその世界的なプレゼンスの継続的な拡大により、信頼できるパートナーです。 トリッタゥ事業所では、105人以上のデジタル印刷分野の専門家を含む、約200人の従業員が働いています。

詳細については、www.all4labels.comをご覧ください。

nach oben

お問い合わせ

nach oben

情報のリクエスト

nach oben
籍を入れる  ログオフ 
nach oben

このページをシェアまたは印刷

以下のサービスを選択してください:

言語を選択してください: