Labelexpo Europe 2019 でラベル、リーフレットおよび軟包装用の包括的な印刷検査ソリューションの展示ニュース&イベント:最新の印刷検査ニュース&トレンド - EyeC nach oben

Labelexpo Europe 2019 でラベル、リーフレットおよび軟包装用の包括的な印刷検査ソリューションの展示

Labelexpo Europe 2019 でラベル、リーフレットおよび軟包装用の包括的な印刷検査ソリューションの展示

ブリュッセルで9月24日から27日に行われるLabelexpo Europe期間中、EyeC社はラベル、リーフレット、軟包装の検査のための包括的な製品ポートフォリオを発表します。EyeC社の最新システムは、すべてのフォーマット(小から大フォーマット )と素材(紙、フレキシブル、アルミホイル)の品質管理ソリューションを提供します。プロセスを改善し、コストを削減しながら、製造プロセス全体を通して最高の品質と適合規格を保証します。

ホール4のブースC61で、EyeC社はデータの品質を保証し、承認プロセスをスピードアップするための、よく知られているアートワーク検査(Proofiler Content)およびプリプレス校正ソリューション(Proofiler Graphic)を発表します。同社はまた、Esko Automation Engineなどの最新のワークフローにおけるプリプレス検査の最新の開発状況を紹介します。さらに、EyeC社はプリプレスワークフローや面付けシステムから情報を検索してソフトウェアがコンボジョブの製品を簡単に識別し、面付け済みデータや印刷物の検査をスピードアップすることを可能にする新しい高度なプロセスを紹介します。

EyeC社はまた、印刷機や巻き取り機での印刷のモニタリングのための、迅速で設定が簡単なインライン検査システムの実演も行います。訪問者は、Jurmet社(ポーランド)製の巻き取り機Langer 3に設置されたEyeC ProofRunner Webと、それによるナローウェブの検査を見ることができます。また、Rotoflex社(カナダ)製の巻き取り機VSI440でEyeC Quality Linkを見ることもできます。EyeC Quality Linkを使用すると、印刷機上で印刷品質を管理し、巻き取り機上では印刷機からの検査データを使用して不良品を除去することにより、印刷会社は生産コストを削減し、かつ最大限の生産性で総合品質管理を保証することができます。同社はまた、最大1,700 mmまでのワイドウェブ検査用の新しいインラインソリューションについてもお知らせします。

Labelexpoで初めて、EyeC社はEyeC Proofiler 1200 DTを展示します。これは最大1270 x 915 mm(50 "x 36")のスキャンサイズで、ワイドウェブプルーフなどのサンプルをチェックするシステムです。トレードショーにも出展するよく知られたサンプルテストシステム、EyeC Proofiler 400 DTおよびEyeC Proofiler 600 DTを補完します。Proofiler DTシリーズは、印刷機の製造準備の早い段階で印刷の欠陥を特定したり、複数の印刷機からの製品を定期的に確認したり、効率的な出荷または入荷の品質管理を実行したりするのに役立ちます。EyeC社はその基本的な検査機能に加えて、距離測定における最新の開発など独自の機能も紹介します。このオプションは、後工程におけるダイの適合を確実にするための技術的測定を可能にします。

EyeC社の最高経営責任者Ansgar Kaupp博士は次のように述べています。「Labelexpo Europeで、さまざまな品質管理ソリューションをご紹介できることを嬉しく思います。当社の包括的なポートフォリオと独自の検査機能により、私たちは印刷会社、製薬会社、そして食品製造業者の最新の要件をサポートしています。」

Labelexpo Europe 2019をご覧ください

nach oben

お問い合わせ情報のリクエスト

nach oben

このページをシェアまたは印刷

以下のサービスを選択してください:

言語を選択してください: