EyeC社のサービスとアプリケーションの新しい責任者ニュース&イベント:最新の印刷検査ニュース&トレンド - EyeC nach oben

EyeC社のサービスとアプリケーションの新しい責任者

EyeC社のサービスとアプリケーションの新しい責任者

EyeC社はグローバルサービスへの注力を強化するため、Thomas Albers氏をハンブルグ本社のサービス部門全体の責任者にしました。検査システムにおいて、EyeC社は折り畳み式のカートン、ラベル、チラシ、軟包装などの印刷製品の品質を生産プロセス全体を通じて保証する、市場で唯一のサプライヤです。

Thomas Albers氏は、アーカイブ資料のデジタル化における約20年間の経験と、カメラ技術やデジタルデータの保存・改良の分野における広範な知識を、今後はサービスおよびアプリケーションの責任者として活かします。彼は、2014年10月からEyeC社のオフライン検査ソリューション(Proofierシリーズ)のフィールドサービスエンジニアのエキスパートとして活躍してきました。前職であるサービスマネージャー代理として、最近では世界規模のサービス割当の調整と優先順位付けを引き継ぎ、とりわけ、国際的な顧客や流通パートナーとのコミュニケーションを図りました。現在彼はサポートやソフトウェア保守の契約遵守に加えて、サービス割当の品質と部門の人事管理を担当しています。

「今日、印刷検査システムに対する要求はますます複雑になっています。それには、柔軟なサービスコンセプトと顧客の質問への迅速な対応が必要です。 次の年で私達の高いサービス品質を達成するために、私たちはトレーニングの概念を拡大し続け、そして将来的には人員も増やします。 EyeC社が優れたサービスマインドを持った有能なプロバイダーであると市場で認識され続けること。チームとして私たちはそれを必ず実現できます。」Thomas Albers氏はこう結論づけています。

nach oben

お問い合わせ情報のリクエスト

nach oben

このページをシェアまたは印刷

以下のサービスを選択してください:

言語を選択してください: